メディカルライターのキャリアに発生する倫理的問題 その2

メディカルライターになるには

メディカルライターの倫理的問題は多数です。

倫理的な視点からメディカルライターのキャリアでよく論理的な問題が発生します。以下に、よく疑問視されるポイントを紹介します:

・著者によって研究結果の不正な解釈の為、研究への影響だけではなく、著者の信頼性にも影響を与えます。
・具体的な研究テーマに対して不十分な研究、そして、これに関連している問題はオミッションまたはコミッションのエラーへ導きます。これによって論文の質へ最終的に影響します。
・製薬企業は、常に既存薬を向上させたり、新しい医薬も開発されます。なぜなら、科学医療の進歩の為、投稿する直前に原稿が変更されます。そして、結論も変更されるかもしれません。これは、メディカルライターを不安させます。逆に、新しい研究データを無視すれば研究を危険にさらします。

・他の分野と違って、盗作は禁止されています。メディカルライターは他人の研究を自分のモノとして投稿する事によく誘惑されます。盗作する1つの理由は、締切りを間に合うよう近道として使用されます。

・著作者問題についてもメディカルライターも悩みます。研究分野や著者の間に発生する利益相反を避けながら、ジャーナルのガイドラインとワード数を守らなければいけません.

メディカルライターは、書きながら間違いやすいポイントしを意識なければなりません。意識するほど、優秀なメディカルライターになれるだろう。そして、各原稿の目的を分かりやすくなります。

色々大変に見えますが、ステキな仕事です。頑張ってメディカルライターの仕事を挑戦しましょう!

メディカルライター のキャリアに発生する倫理的問題 その1

メディカルライター になるには

メディカルライター は何でしょうか?

メディカルライター はどんな仕事されますか?

メディカルライター は医薬品、医療、ヘルスケア、及び生物医学と関連している論文を書きます。その役を務めているからこそ、ゴーストライターとして扱われないように文書にどれぐらいのテキストを変更および追加すれば良いだろうか、というジレンマを直面します。このような倫理的な問題はメディカルライターのキャリアの不可欠な部分です。

メディカルライター は時間を自由に調整できるので、異なった分野を挑戦できます。しかし、原稿をジャーナルへ投稿する際にゴーストライティングとして扱われやすい、という重大な倫理的問題が発生されます。

では、具体的にどんな疑問が発生するでしょうか?
実は多数です。

研究の成功へ導くインターネットの力 その3

学術論文

検索結果から必要情報を得るスキルは知識領域可視化です

研究分野の概要を取得する為の最も良い方法は、知識領域の可視化です。このプロセスは、いくつかの定量法や特性的方法で知識領域の認識や分析できるように、研究者の能力を拡大します。ビジュアル解析ツールを使用可能であり、データを分析する為の情報の可視化もできます。情報を検索や利用可能なソースからテキストマイニングも可能です。このプロセスは、研究分野のほとんどの質問を回答する、そしてインターネット上の検索の繰り返しを防げます。

知識領域の可視化は、研究者の大事な時間を節約します。例えば、データの検索、索引付けや構造の時間が短縮されます。知識領域の可視化は一人の研究および一般人の為だけ有益ではありません。特定の出版をアクセスする為のプラットフォームを提供します。研究分野の素早い概要も提供します。

研究分野のマテリアルを検索する時、機械的な検索プロセスは酷く不十分です。一方で、マニュアルインターベンションは大幅に研究結果を向上させます。そして、より実質的な研究結果に繋がります。

さて、知識領域の可視化を頑張ってやってみましょう!

研究の成功へ導くインターネットの力 その2

論文作成の為に検索エンジンの使い方

論文作成の為に検索エンジンの使い方

では、好きな検索エンジンに研究している分野を検索すれば本当に必要とされる情報がうまく表示されるでしょうか?

実は、そんな事はありません。

検索結果が数分秒後に表示されたとしても、研究者が研究分野のメンタルモデルをつくるには多大な時間を使います。そして、検索エンジンが最も適切そして関連性を持つ結果を表示させるにも時間かかります。だから、ウェブ上の検索は全く不十分です。その代わり、ネット上で見つけた情報より研究分野と関連する書類とマテリアルを探して読む必要があります。これをする事によって、検索エンジンが見つけ出したモノから正確なデータや情報を見分けるに助かります。マテリアルの精密な調査した後としても、情報マスキングの危険が高いです。これによって、重要な情報を見逃す可能性があります。

これはどのように防ぐことは可能でしょうか?
それは、知識領域の可視化です。

研究の成功へ導くインターネットの力 その1

論作成に役に立つインターネット

論作成に役に立つインターネット

研究分野の範囲はとても広いため、1つの研究ガイドで特定することはできません。インターネットが重要な役割を果たします。実際、今、研究データベースが必要とされているとします。しかし、世の中には膨大な情報量が存在するため、研究者が研究している分野に関係する記事を見つけるのは簡単ではありません。研究者はよく研究分野の関連記事をインターネットで検索します。その時はよく使っている検索エンジンを使用します。結果、関心を持つ情報を含むサイトが表示されます。通常の場合、検索結果の最初に出るのはよく引用される記事であり、研究に最も関連性を持つ文献が表示されます。よって、研究分野と関連している重要なジャーナルやその著者へ導かれるのです

効果的な査読(ピアレビュー)とは? その3

ピア・レビューのメリットは多数です。

ピア・レビューのメリットの方がより多いことは間違いありません。

査読のメリットは?

  • 論文の内容がブラッシュアップされ、より高品質の出版に繋がります。。
  • 原稿の構成を改善します。
  • 研究論文の論理ビューを提供します。
  • 研究論文の重要な変更を取り組む事によって、執筆者が得る重要なフィードバックを積極的に活用できます。
  • 論文執筆者に研究内容の短所と長所を指摘します。
  • 将来の研究に役に立ちます。

査読のデメリットは?

  • 間違いやごまかしが検出されない。
  • 論文の完成が遅れます。

但、メリットの方がデメリットよりも多いことは間違いありません。査読を行う執筆者は、研究論文の質を上げることができるでしょう。

効果的な査読(ピアレビュー)とは? その2

ピアレビューの目的は何ですか?

論文が対処ジャーナルに相応しいかどうがを確認できます。

査読の目的は?

  • 論文が対処ジャーナルに相応しいかどうかを確認します。ジャーナルの必要条件をクリアしているか、またジャーナルの対象となる分野の論文が書かれているかをクロスチェックできます。査読者の目的は、研究の独自性を確認することです。
  • 引用文献や参照部分のテキストの関連性を確認します。
  • 統計分析の精度やデータの正確さを確認します。
  • テキスト、図、表、参考文献などの適切なフォーマットを確認します。
  • 利害相反開示、執筆者によってサインされた著作権フォーム、倫理規定などの記入確認。
  • 結論で関連引用を確認します。

効果的な査読(ピアレビュー)とは? その1

査読、ピアレビューは何ですか?

ピアは、同じ研究分野と関連している者の専門家です。

「査読(ピアレビュー)」とは何ですか?
査読(ピアレビュー)は、論文を評価や検証するプロセスです。このプロセスによって、研究者が学術雑誌に投稿する論文の質を改善することができます。これは研究論文の作成にあたって最も効果的なフィードバックシステムです。

「ピア」とは誰のことを指しますか?

ピアは、研究分野と関連している者、同じことを研究している者、又は研究分野の専門家を指しています。執筆者や研究助成を提出した者をピアとは呼びません。

査読の種類

主に、査読は2つの種類に分けられます:
・内部査読:編集チームのメンバーで構成されています。
・外部査読:研究分野の専門家のメンバーで構成されています。

日本における学術研究のグローバル化・その3

大学は未来の研究を生み出すためのゆりかごです。

日本の研究者を海外へ送り出すことがとても重要となります。

学術研究の未来

大学は未来の研究を生み出すためのゆりかごです。海外の研究者に日本の研究機関をオープンにすると同時に、 世界の研究に触れるために、日本の研究者を海外へ送り出すことが重要になります。既に、国内の大学や研究機関の研究者が、中国、ベトナム、ロシア、ハンガリー、ドイツ、フランス、そしてその他多くの国々とに訪れ、またそれらの国からの訪問も受入れています。

これらは、研究者の国際交流に向けた日本の最初のステップであり、今世紀が始まってからはより勢いを得て、これから数十年で具体的な結果を得ることになるでしょう。高等教育を受けた海外の研究者間の融合は、政策による優遇や研究プロジェクトへの投資などのバックアップによって、日本の研究のグローバル化に大いに役立ちます。そして、日本の研究を世界の舞台でさらに高い位置まで引き上げることになるでしょう。

ここまで読んで頂いて本当にありがとうございます! 是非FacebookTwitterでフォローください。宜しくお願いします。

日本における学術研究のグローバル化・その2

2つの要因により、日本にとってグローバル化の妨げとなっていました。

日本にとってグローバル化の妨げとなっていた要因は何でしょうか。

その問題と解決方法

それでは、日本にとってグローバル化の妨げとなっていた要因は何でしょうか。それは、言葉の壁と、世界標準の大学暦と日本の大学暦のミスマッチという2つの要因だと考えられます。現在は、これら2つの阻害要因に対応すべく、日本が、真にグローバルな研究拠点になるための取り組みが行われています。一部の大学では、既に、学部で英語のプログラムを導入し始めています。例えば、東京大学では、全て英語で行われる学部が新たにスタートしました。また、英語で授業が行われている大学院が50以上も存在しています。

海外の大学暦と日本の大学暦のミスマッチの改善については、日本の教育システムの完全なオーバーホールが必要となるため時間がかかりますが、現在、既に検討の対象となっています。最近では、東京大学も4学期制への移行を発表しており、2015年末までに全学部に導入することを予定しています。実現すると、東京大学の2学期目が9月から始まるため、外国人学生にとっても入りやすくなりますし、日本人学生も6月〜8月の夏休みを利用して海外留学することができます。早稲田大学には、同様の目的として、海外の研究者に魅力を持ってもらうよう、2学期制に代わるものとして「クォーター制」を導入しています。

日本の「留学生30万人計画」として知られている学生の国際交流プロジェクトは、2008年に開始され、2020年までにその数を達成することを目的に掲げています。日本の研究のグローバル化に向けたもう一つの重要なプロジェクトに、「グローバル30」があります。グローバル30は、2009年に文部科学省が立ち上げ、国際化のために30の中心大学を確立することを目的としています。このプロジェクトを通じて、言葉の壁が壊され、多くの英語の研究プログラムが提供されています。

では、ここまでの対策を取り組む事によって学術研究の未来はどうなるでしょうか?